足の臭いと加齢臭

2009年8月17日 07:04 | コメント(0) | トラックバック(0)

ラヴィリンフットクリーム★≪期間限定!赤字覚悟の大特価!最安値に挑戦します!≫通販でも大...

 

加齢臭という言葉を良く聞きますが、30代後半から40代になると抗酸化力が弱まり、加齢と共に増えてしまった脂肪酸を分解しやすい状態になっているのです。
脂肪酸が分解されるということは、加齢臭独特の臭いを発する事になり、身体だけではなく足にも影響が出てきます。
若い頃は部活動などで激しい運動を行っても、あまり足の臭いが気にならなかった人でも、中高年になってからは普通に生活しているだけで気になると行った事が増えてくるのです。
家に帰っても子供や家族に「オヤジ臭い」と言われる様になる年代ですので、足や靴下が臭っていてはますます敬遠されてしまいます。
もちろん加齢臭というのは男女ともに起こる現象ですが、女性の場合はケアをこまめに行っている場合が多いため、どうしても男の方が臭いと思われがちです。
1日で大量の汗を吸収している靴や靴下ですので、臭ってしまうのはある程度仕方のないことですが、人前で靴が脱げない状態というのは問題です。
特に加齢臭が始まる年代の人は、臭いを予防することで足の問題も解決する事が出来る為、進んで対策を行うことをお勧めします。
足だけではなく、中高年は自分のニオイに対してもう少し敏感になりケアを行うようにすれば、「オヤジ臭い」と言われることも少なくなるでしょう。

 アンパンマンミュージアム  イケアの家具
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

足が臭う原因
足が臭う原因は通気性の悪い靴や靴下、ストッキングを履いているため、靴の中が蒸れて細菌が繁殖し、悪臭を放つようになるからです。
足の臭いと食事の関係
なるべく控えた方が良い食べ物としては、お肉やチーズはもちろん、辛い食材や臭いのキツイ食材になっています。
足の臭い対策は靴選びから
足の臭いを予防する方法として、正しい靴選びの基準を知っておくと言うことがとても重要になってきます。
足の臭いを防ぐには通気性が重要
靴の中は大量の汗をかくことで高温多湿になっていますが、その湿度を10%下げるだけで臭いの原因となっている雑菌の繁殖を防ぐことが出来るのです。
臭いの原因にもある汗の種類
足の裏には汗の穴が大量にあるため、靴を履いている状態では蒸れて高温多湿になり、雑菌が繁殖して臭いの原因となっています。
臭い対策は足のケアも忘れずに
足の臭いを予防するには、通気性の良い靴下やストッキングを履いて足にフィットした靴を履くことが大切ですが、毎日の入浴でケアをこまめに行うことも重要です。
足のケアは1年中行う
足の臭いは真夏やブーツを履く冬に気になる物ですが、季節は関係なく1年を通してケアを行わなければいけません。
足の臭いと加齢臭
加齢臭という言葉を良く聞きますが、30代後半から40代になると抗酸化力が弱まり、加齢と共に増えてしまった脂肪酸を分解しやすい状態になっているのです。
足の臭いは女性の敵
足の臭いで悩んでいる女性は以外と多く、仕事帰りに座敷のお店や友人宅へ行く場合などは特に気になり、靴を脱ぐに脱げない状態になってしまいます。
足の臭い対策グッズ
足の臭いを予防するためのグッズは様々あり、予防として行う為の商品や外出先で気になったときに使う物など多種にわたって販売されています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/2301

コメントする



このサイトを購読する